組み合わせの良い栄養素

亜鉛の過剰摂取について≪飲みすぎは危険!?≫

組み合わせの良い栄養素

<<安心して摂取できる亜鉛サプリはコレ!>>

 

牡蠣+レモン汁

 

亜鉛を摂取でき吸収率を上げるのに最も適しているのが牡蠣+レモン汁です。
亜鉛は元々食事でも最大で40%ほどしか吸収できていないといわれています。少しでも体に取り込ませるためには、たんぱく質とビタミンCをプラスする必要があります。牡蠣のたんぱく質、レモンのビタミンCの効果により吸収率が高まります。ビタミンCは亜鉛を包み込み体内に取り込みやすくしてくれます。

 

 

牛肉+ポン酢

ビタミンCと同様にクエン酸にも亜鉛の吸収率を高める効果があります。キレート作用により亜鉛を包み込み、腸から取り込みやすくします。
亜鉛はたんぱく質とも相性が良く、そのことからたんぱく質が多い牛肉、これにポン酢を組み合わせる食べ方はベストバランスだといえます。亜鉛の摂取量を多くしたいと考えている方は、牛肉のしゃぶしゃぶ、鍋料理などを取り入れてみましょう。

 

 

植物たんぱく質より動物性

 

亜鉛との相性が良いのがたんぱく質ですが、植物性よりも動物性のほうが吸収率が高まります。豆類や穀物にも亜鉛は含まれますが、これらに含まれるフィチン酸が亜鉛の吸収率を下げてしまいます。
亜鉛を摂取するなら、魚介類・牛肉・豚肉・鶏肉・マトン・乳製品など動物性の食品を取り入れましょう。食事からたんぱく質が十分に摂取できていれば、細胞・コラーゲン・ホルモン・白血球など、亜鉛とたんぱく質が連携しこれらが生成しやすくなります。

 

安心して摂取できる亜鉛サプリランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ