組み合わせの悪い栄養素

組み合わせの悪い栄養素亜鉛の過剰摂取について≪飲みすぎは危険!?≫

組み合わせの悪い栄養素

<<安心して摂取できる亜鉛サプリはコレ!>>

 

インスタント食品

 

インスタント食品、加工食品などに含まれているポリリン酸、シュウ酸などは亜鉛の吸収率を下げます。カップ麺をよく食べる人、お惣菜やコンビニ弁当などを食べる回数が多い方は注意しましょう。
亜鉛を効率よく摂取するのに一番良いのは手作りの食事です。食品添加物の量を減らすことができ、吸収量の影響が出にくくなります。1人暮らしの若者、忙しく外食が多い方も亜鉛の摂取量が足りていない可能性があります。

 

 

アルコールは消費量が多くなる

アルコールを分解する酵素を働かせるために亜鉛が必要となるため、お酒を飲む量が多い方は不足しがちです。毎日晩酌する方、一度に大量に飲む機会がある方は積極的に亜鉛を補給しましょう。
おつまみに牡蠣、牛肉、チーズなど亜鉛の量が多い食品を組み合せると消費した分が補えます。お酒を飲む時にはできればアルコールのみは避けて、プロセスチーズやナッツ類でも良いので補うことをおすすめします。

 

 

食物繊維で吸収が低下

 

日本人のように穀物を多く摂取する国では亜鉛の摂取量が少なめです。穀物に含まれる食物繊維が亜鉛の吸収量を抑えてしまうからです。
食物繊維は亜鉛を絡めとり、腸で吸収せずそのまま排泄されてしまうといわれています。日頃からごはん、麺類、パンなど穀類を食べる機会が多い方は注意しましょう。
また、海藻類も吸収を抑えるため、一見バランスが良いように見える和食でも亜鉛は不足しやすくなります。

 

安心して摂取できる亜鉛サプリランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ